令和元年第五回定例研修会

認知行動療法とコンパッション(慈悲)

【会 場】 広島市安芸区民文化センター

【期 日】令和2年2月15日(土)14:00~17:10

講師

広島心理教育研究所代表
中・四国心理相談員会会長 
小村 緩岳 先生

研修概要

コンパッションとは「慈悲」を意味します。近年,コンパッションを高めることが,うつや不安の軽減に効果がある可能性が見出されつつあります。マインドフルネスやACT(アクセプタンス・コミットメント・セラピー)とも相通じるところもあり,認知行動療法に組み込むことでより効果的な心理的支援が期待されます。今回は,コンパッションに焦点を当てた心理教育や,そのやり取りの実際について事例を交えて学びます。

お申し込み

参加要領

参加費

会 員:2,000円
非会員:4,000円
※全ての研修で共通です。
※当日参加も可能ですが、なるべく事前のお申込みをお願いします。

お申し込み

中・四国心理相談員会事務局
FAX:082-879-0170
※お申し込みは原則としてメールでお願いします。
※メールの場合はお申し込みメールフォームをご利用ください。
※FAXの際はこちらを印刷いただき、上記FAX番号までお願いします。